忍者ブログ
# フランス語第35回勉強会(3/5)
2008/03/09 11:10
[参加者]熟年男性2名。ママ1名(子ども1名)

[テーマ]ニコラのバカンスと作文



 テキスト『ニコラのバカンス』を読み進めて、きょうから新しい

章Le boute-en-train(座をにぎわす人)に入る。

地中海地域と異なり、バカンス先に選んだブルターニュでは太陽

に恵まれず、雨がちの天気が続く。そこでこのホテルの主人は滞在客

のお天気[ご機嫌]バロメーターが気になる。一方ニコラは同じ

滞在客の悪がきたちと大騒ぎし、浜辺へ出たいとダダをこねる。

お父さんは「外は雨だから」となだめるが、ニコラは言うことを聞か

ない。そこでお父さんは「皆の前で尻をたたかれたいのか」と

せまり、ニコラは泣き出す。こんなストーリーが続く。

読み進むにつれて同じ言い回しや単語が出てくるので楽になった。

事実、以前は書き込みで真っ黒だったママさんたちのテキストは、

いくらか白くなったようだ。このまま順調に先を目指して進みたい。

 次は作文コーナー。先週は二人の興味深い発表とディスカッション

があり、時間切れとなったため、残りのもうひとりの作文が取り

上げられた。趣味一般(passe-temps)、とくに彼が趣味とするス

ケッチの話。スケッチは対話であるという。風景など対象物との

対話、絵を通じての人との対話。やや長文だったが時間通り読み

終えた。趣味を追求できるのは平和の世であってのこと。フランス

の詩人Clément Marot (1496-1544)の次の詩が紹介された。

Adieu vos plaisants passetemps;

Adieu le bal,adieu la danse,

Adieu mesure,adieu cadence,

Tambourins, hautbois, violins

Puisqu’à la guerre nous allons.

  [仮訳] 大好きな趣味よさようなら

     踊りよ、ダンスよ、さようなら

     音楽も歌も、さようなら

     タンブリン、オーボエ、バイオリンもだ

     なぜって、私たち戦争にゆくから




    次回は3月20日(木)10時よりいきいきセンター

    地域ケアルームにて

  (英治)
   

PR

CATEGORY [ フランス語 ] COMMENT [ 0 ]TRACKBACK [ 0 ]
pagetop
<<青空ぺらりんず(フランス語)#52(3/3) | HOME | スペイン語 第35回勉強会(2/28)>>
コメント
コメント投稿














pagetop
trackback
トラックバックURL

pagetop
FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]