忍者ブログ
# フランス語第39回勉強会(5/30)
2008/06/03 09:57
【場 所】いきいきセンター

【参加者】熟年男性2名、ママ2名(こども1名)

【テーマ】ニコラのバカンス、作文、フランス旅行談



 テキスト「ニコラのバカンス」中の「アンブラン島」

の章を読み進んだ。ニコラの一家がアンブラン島へ出

かけるがあいにくあの騒ぎ屋のランテルノさんがいっ

しょについて来ることになって、パパと問題を起こす。

ベテランの船長がエンジンをかけていよいよ出発、

エンジンの音を響かせて、港から海へ向う。まずラン

テルノ氏が舟をゆすってパパをいらだたせる。「そんな

風に揺すると、皆海に投げ出されるではないか」とパパ。

ママもランテルノ氏に注意をうながす。ランテルノ氏は

家の暖炉の上に瓶に入った帆船を飾っていると自慢。

パパは船長に先の海は凪いでいるのかと尋ねる。船酔い

をするかどうかでまたランテルノ氏とひと悶着。パパは

「ランテルノ氏よ、私はあなたより先には船酔いをしな

いよ」と宣言。物語は次々に展開して興味深い。

 重要表現のいくつか

C’est bien vous les tourists pour l’île?
(あなた方が島へ行く旅行者だね)

Serrer la main (手を握る、握手する)

Soyez prudent(注意しなさい―命令形)

Ne craignez rien, petite mdame(奥さん、心配無用です)

Le mal de mer(船酔い)

J’ai pied marin (私は船酔いしない)

 今回は朝食について作文を書いてくることになっていた。一人

のメンバーは日本食の朝食を作るが、漬物を漬けている話を

書いた。ところが娘は母の苦労を知らずに、パン食を好むという。

他のメンバーの作文は時間がなくて次回回しとなった。

 メンバーがフランスを鉄道でまわった話をした。南のカルカソン

(ユネスコ文化遺産)から、ボルドー、ラ・ロシェル、ランスなど

を回ってきたという。TJVに代表されるフランスの鉄道は快適だ。

フランスのクッキーを食べながら聞いた。

 次回は6月6日(金)いきいきセンターで午前10時より

(英治)



PR

CATEGORY [ フランス語 ] COMMENT [ 0 ]TRACKBACK [ 0 ]
pagetop
<<青空ぺらりんず フランス語 #62(5/26) | HOME | 中国語 第33回 勉強会(5/27)>>
コメント
コメント投稿














pagetop
trackback
トラックバックURL

pagetop
FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]